軽く考えてはいけない歯周病

歯周病とクリーニング

歯周病、実は怖い病気だから予防しましょう

日本の成人の80%がかかっているという歯周病。「ただ歯茎が痛くなったり、腫れたりするだけの病気でしょ?」と思っている方は多いと思います。しかし歯周病は歯茎だけでなく、その内部の歯肉まで破壊し、最終的には歯槽骨(顎の骨)まで溶かしてしまう怖い病気なのです。歯槽骨まで溶かされてしまうと、それによって支えられている歯がグラついてきて、最終的には歯が抜けています。

実は日本人の歯が抜けてしまう原因の半分が、年齢によるものではなく歯周病なのです。歯周病によって歯が抜けることにならないように、しっかり予防することを考えましょう。

歯周病の進行と症状

1.歯周病の初期段階(歯肉炎)

歯周病の初期段階(歯肉炎)

お口の中には大変多くの細菌がいます。これらは食べかすや磨き残しなどで爆発的に繁殖し、磨き残しなどを水に溶けにくいプラークというものにします。プラークが堆積すると細菌が出す毒素によって、歯肉に炎症が起き、段々と赤味が強くなって腫れてきます。自覚症状はあまりありませんがブラッシング時に出血する場合があります。しかし、歯槽骨には影響はなく、ブラッシングや歯科での専門的清掃(PMTC)などで治すことができます

2.歯周病の第2段階(歯周炎第1度~第2度)

歯周病の第2段階(歯周炎第1度~第2度)

歯肉炎の状態を放置していると、プラークは段々と硬くなっていき、歯石になります。歯石はもはやブラッシングで取ることはできません。歯科にて歯石除去を行なわなければなりません。放置すると、炎症はさらに強まり、歯槽骨が徐々に溶けていきます。さらに病状が悪化すると膿が溜まり始め、痛みや口臭、ものを噛んだときの違和感などの症状が出てきます。

一度歯周病になり、歯槽骨が溶けてしまうと、ほとんどの場合元どおりに骨は再生しません。基本的な歯周炎の治療では、病状の進行を食い止めるのが精一杯です。

4.歯周病の最終段階(歯周炎第3度~第4度)

歯周病の最終段階(歯周炎第3度~第4度)

歯周炎の最終段階です。歯のグラグラを自覚し、痛みや口臭を強く感じることも珍しくなくなります。多くの場合、抜歯となるケースです。

歯槽骨がたくさん溶けてしまっているので、抜歯後にインプラント治療を受けることさえ難しくなってしまいます。

歯周病の怖いところは、一度歯周炎の状態になってしまうと多くの場合完治しないということです。また、日本では成人の約80%が歯周病に罹患していると言われるほどかかりやすい病気です。これを予防するには毎日正しいブラッシングをして、定期的なPMTCを受け、きちんとプラークコントロールをするしかありません。

皆さまのお口の中は本当に健康な状態ですか?

予防の方法

ご自身でケアしましょう

むし歯や歯周病の予防で何よりも大切なのは毎日の丁寧なブラッシングです。ブラッシングはむやみやたらに行なえばいいというものではありません。当クリニックでは、担当の歯科医師が自ら治療後に歯垢や歯石が多くなっている部分をお教えして、「ここを重点的にブラッシングするといいですよ」とアドバイスしております。また受付ではデンタルフロスや医療用の歯ブラシ、研磨剤などを販売しております。当クリニックにいらっしゃったときは、いつでも「どの器具や研磨材を使えば良いのか?」ご遠慮なくお尋ねください。

当クリニックでしっかり予防しましょう

正しいブラッシングをしていても、どうしても約半分のプラークが歯には残ってしまうと言われています。そこで当クリニックで行なっているのは「PMTC」と呼ばれる歯科医師が自ら行なう歯のクリーニングです。歯のクリーニングを行なうことで本来の歯の白さが戻り、プラークやステインが付着しにくくなり、虫歯や歯周病の予防になります。また歯周病の方も歯茎の腫れも引き、歯肉全体が引き締まっていきます。ツヤツヤの歯と引き締まった歯茎でご飯を食べたり飲み物を飲んだりすると普段よりも味覚が鋭敏になっているので、一層食べ物や飲み物が美味しく感じられますよ。