金属を使わない安全な治療

メタルフリー治療

当クリニックの方針は「メタルフリー」

当クリニックではメタルフリー(金属を使用しない)での修復治療を積極的に行なっています。むし歯の治療や差し歯・被せ物などでは従来、様々な金属を使用していました。

しかし、当クリニックでは保険診療でも基本的には中程度までの虫歯治療では金属を使用せず、コンポジットレジンと呼ばれる素材(硬質のプラスティック樹脂のような白い素材)を使用した修復を行ないます(ただし、むし歯があまりにも大きい場合や差し歯・被せ物の場合は金属を使用します)。

また、保険外診療となってしまいますが、一切金属を使用しない差し歯・被せ物もお作りすることができます(状況によって不可能な場合もあります)。

また、差し歯・被せ物をするときには金属で土台を作ることが多いのですが、これもグラスファイバー併用コンポジットレジンコアにすることでメタルフリーを実現しています。

当クリニックで扱っている主な材料

当院では、修復治療を行う際に以下のようなものを使用しています。
これらは、学会や論文、学術等において、問題がないものを使用しておりますので、ご安心ください。

むし歯治療に使う詰め物 ~コンポジットレジン~

Kerr社製 PREMISE

Kerr社製 PREMISE

むし歯治療に使う詰め物 ~グラスファイバー併用コンポジットレジンコア~

GC社製 ジーシーファイバーポスト(ファイバーポスト)

GC社製 ジーシーファイバーポスト(ファイバーポスト)

クラレメディカル社製 DCコアオートミックス(コア用コンポジットレジン)

クラレメディカル社製 DCコアオートミックス(コア用コンポジットレジン)

グラスファイバー併用コンポジットレジンコアの料金 (税込表示価格です)

  • 1歯につき ―――――5,400円

保険外診療の差し歯・被せ物の種類

ハイブリットセラミッククラウン

ハイブリットセラミッククラウン

超硬質のコンポジットレジンです。金属を使用しない修復(メタルフリー修復)で使われる被せ物です。他の保険外診療の差し歯・被せ物に比較的安価です。純粋なセラミックはほとんど着色や変色を起こしませんが、この素材はセラミックに比べると、着色や変色が若干起きやすいとも言われています。

ハイブリットセラミッククラウンの料金 (税込表示価格です)

  • 1歯につき ―――――54,000円

陶材焼き付け冠(メタルボンドクラウン)

陶材焼き付け冠(メタルボンドクラウン)

昔から歯科で使われており、非常に信頼性の高いものです。表面にセラミックを金属に焼き付けることで、適合性・審美性に優れた修復方法です。被せ物の裏側に一部分金属が必ず露出しますが、日常生活でその金属が見えることはほとんどなく、また着色や変色はほとんど起きません。

陶材焼き付け冠(メタルボンドクラウン)の料金 (税込表示価格です)

  • 1歯につき ―――――86,400円

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

近年、メタルボンドのように金属の裏打ちがなくても強度・適合性・審美性に優れたセラミックがクラウンどんどん開発されています。この修復方法はハイブリッドセラミックのように金属を用いないであり、かつメタルボンドのように着色・変色がほとんど起きません。また、一番天然歯に近い修復を行なえるものと言われています。

しかし、非常に硬い素材であるため、歯根の再生治療などのために壊すことが非常に困難です。日本での歯根の治療の再治療率は70%とも80%とも言われているので、作製には慎重を期す必要があります。

※その他、自費診療ですが金属アレルギーの起きにくい金属冠(ゴールドなど)もあります。

オールセラミッククラウンの料金 (税込表示価格です)

  • 1歯につき ―――――108,000円~