痛くなるその前に

むし歯治療

むし歯なる前の「予防」が大切です

当院ではむし歯治療を行なっていますが、それ以上に力を入れているのが「むし歯予防」です。現在でも、お忙しい方や歯医者に対する「痛い」や「怖い」といった先入観を持っておられる方も多く「歯医者は歯が痛くなってから行くもの」と思っていらっしゃる方が多いのです。

しかし、むし歯は「痛み」を感じたときには、「手遅れ」になってしまっている場合が多いのです。治療費も治療期間も長くかかり、結果的に患者さまの負担が大きくなってしまいます。そうならないためにも、まず歯の構造やむし歯の治療に関して知っておくとよいと思います。そして、「放っておくと大変だ」と思って早めに治療を行なうか、予防を心がけていただければ幸いです。

歯の構造を知りましょう

歯の構造を知りましょう

エナメル質 歯の表面を覆う人体でもっとも硬い部分です。ただし割れやすいという欠点もありますが、歯全体を表面から守る重要な組織です。
象牙質 歯の主成分となる部分です。エナメル質に比べて硬度に劣りますが、柔軟性がありが、象牙質がエナメル質の割れやすさをフォローしています。

むし歯の進行と症状

当クリニックのむし歯治療では、極力金属を使用しないように心がけ、通院によって極力歯の保存を図れる努力をし、患者さまが自分のお口の状態を把握し、納得をした上で治療を受けていただけるよう特に「会話」を大切にしています。

1.むし歯の初期段階

むし歯の初期段階

むし歯がエナメル質内で止まっている状態です。自覚症状はありませんので、基本的には痛みを感じることがありません。むし歯部分を削って、詰め物をするだけすので1回治療で済む場合が多いのです。

2.むし歯の第2段階

むし歯の第2段階

むし歯が象牙質内まで進行した状態です。冷たいものがしみる、噛むと痛いなど柔らかい象牙質を通して歯髄に反応する症状が出てきます。知らずに放置してしまうとむし歯がどんどん進行して突然痛くなったりするケースも珍しくありません。治療はむし歯部分を削って、詰め物をするだけですので1~2回程度で終わることが多いです。

3.むし歯の第3段階

むし歯の第3段階

むし歯が歯髄まで進行した状態。ほとんどの場合、持続的な痛みが自覚症状として出てきます、食事や夜間睡眠時に強い痛みが伴います。歯髄に口腔内の細菌が感染していて、歯髄を除去する治療、いわゆる歯の根の治療が必要になる。治療期間としては1ヶ月~3ヶ月かかる場合もあります。状態によっては半年以上かかる場合も……

4.むし歯の最終段階

むし歯の最終段階

歯冠が崩壊し、歯根の方までむし歯が進行している状態です。こうなってしまうと歯髄が完全に死んでしまい、その先端に膿瘍ができている状態になります。第3段階で感じていた痛みはありませんが、突然な痛みを感じ、場合によっては膿が出たりします。もはや手遅れで歯を残すこと自体が困難となり、抜歯にしなければならないケースが多いです。長期間放置しておくと顎骨炎になるので早急に処置が必要。こうなると入院する羽目になるかも……

根の治療

むし歯が歯の神経(歯髄)まで進んでしまうと、口腔内の細菌が歯髄に感染してしまいます。そうなると歯髄が炎症を起こし、痛みが出ます。現代の医療では、歯髄に感染した細菌だけを退治する方法が確立されていないため、歯髄を取る治療、すなわち歯の根の治療(根管治療)が必要になるのです。では、根管治療とは具体的にどのようなことをするのでしょうか?

1.むし歯を削る

むし歯を削る

まず、レントゲン写真を撮り、歯根の形やむし歯の大きさを確認し、むし歯を削るところから始まります。当然、麻酔をしたあとに行なうわけですが、痛みがあるときは麻酔が非常に効きにくいので、少しだけ歯を削って、鎮痛作用のある仮詰め剤を使用して、1回目は終わりにする場合もあります。

むし歯を削る

麻酔の効きが悪く少ししか削れない場合は鎮痛作用のある仮詰め剤を使用して鎮痛を図ります。
この際、上部には次回の治療時に除去しやすいように柔らかい仮詰め剤を使用します。

2.歯の神経(歯髄)を除去する

歯の神経(歯髄)を除去する

むし歯の部分をきれいに削り終わったら、感染している歯髄を取るのですが、歯根に詰め物をするためにはある程度の管の太さが必要になるので、数回に分けて丁寧に削りながら拡大し、機械的にきれいにします。

また、1回の治療が終わるたびに、歯髄の入っていた根管には薬を入れて細菌を殺しきれいにしていきます。

多くの場合はこの過程が終了するまでに、1~3ヶ月間程度かかります。(月2~3回の通院の場合です。また、状態によっては年単位で治療が続くこともあります)

歯の神経(歯髄)を除去する

根管内には薬剤を入れて殺菌して今回内をきれいにしていきます。薬剤には殺菌効果の強いものや鎮痛作用の強いものなどいろいろあり、そのときの状況によって使い分けをします。

3.根管に詰め物をします。

根管に詰め物をします。

根管がきれいになり、詰め物をできるだけの太さに拡大ができたら、ゴムの詰め物をします。その後レントゲン写真を撮り、根の先端まできれいに詰め物ができているかを確認します。きれいに詰められていれば根の治療は終了になります。あとは、歯の上部構造をどのようにして修復するかという治療に移行します。

4.土台を作ります。

 土台を作ります。

歯髄を除去した歯は徐々にもろくなっていきます。したがって、詰め物だけで修復できる場合は限られており、多くの場合、最終的には被せ物を作ることになります。このため、最終修復物に先立ち歯根に土台を製作します。

術前

術後

土台を歯の残っている部分に接着します。土台は型を採って作る場合と、直接詰め物をしていって削りだすようにして形を整えて作る場合があります。使用する素材は、金属やプラスティック樹脂・グラスファイバーなど様々です。

5.被せ物を作ります。

術前

術後

土台が出来上がったら、次で治療が終わります。被せ物を作れるように土台のついた歯の形を整え、型を採ります。型を使って石膏で模型を作り、被せ物を作製します。
被せ物を歯に接着させて一連の治療は終了になります。

被せ物にはいろいろな種類があります。保険適用の治療では使用できる材料が制限されているため、奥歯は金属の被せ物に、前歯は金属とプラスティック樹脂を使ったパッと見は白い歯になります。
保険適用外の治療の場合、セラミックや超硬質のプラスティック樹脂・非常になじみのいい金属など、その方のニーズに合わせた様々なものが選択できます。